韓国ドラマ 「チャングムの誓い」感想みどころ評価は?

現在数多くの韓国ドラマが流通していますが、お勧めするドラマはやはり「チャングムの誓い」です。親を亡くした主人公チャングムが宮廷に入り、料理人を目指す過程をドラマ化したものです。やっと宮廷料理人のトップの座に師匠と共に手にいれることができたのですが、派閥争いに負け奴隷の身分となりますが、医術を見につけて再び宮廷へ戻ります。そして亡き母の遺言である宮廷料理人のトップの座につくという約束を守り、持ち前の知能と努力を重ね女性では初の王の医女となるサクセスストーリです。このドラマの見どころは韓国の宮廷文化を覗き見ることができることです。その当時の政治、文化、料理、医術をドラマを通して学ぶことができる、いわゆる動く歴史資料館のようなものです。韓国の宮廷料理では王様にとって体に良く、美味しい食べ物が毎日出されます。韓国料理といえば焼き肉やキムチぐらいの知識しかなかったのですが、ドラマの中で見たことも食べたこともない食べ物に出会うことができました。現在私達は病気になると薬を飲むのですが、この当時化学薬品を使用した薬はありません。その代わり山や野原に生えている生薬を組み合わせて薬を調合します。家の近くに生えている草が薬になるのだということを学びました。このドラマを見てその当時の人の生活、食べ物、調理法、料理に対する心得、病気の治療方法、病気に対する考え方を学ぶことができました。そしていろんな難関が主人公チャングムに襲いかかるのですが、持ち前の明るさと忍耐で難関を切り抜けます。挫折を挫折とも思わず、ひたすら知識を求め、其の当時ではありえない王様の医女の座を獲得するその姿勢は多くの視聴者に感動を与えました。最後には重い人との恋を成就させ、出産、子育てと女性としての喜びも得、宮廷に舞い戻ります。ひさびさに魂が輝くドラマに出会えたと思いました。もう10年以上前のドラマなのですが、いまだにその人気は衰えることはありません。DVDも現在もレンタルする人が後を絶たず、テレビでも再放送が繰り返されています。こんな長期間、多くの人から忘れられることがない名作に出会えたのは幸せでした。このドラマを見ていると、「がんばれば必ずいいことがあるんだなあ」と思います。「明日もがんばろう」と明日に向かって希望がでてくる、元気がたくさんもらえるドラマでした。一人でも多くの方にこのドラマの良さを味わって頂きたいと思います。

「こどもの国」子連れ遊び場におすすめ!楽しみ方

こどもの国をオススメする理由は、とにかく広くて、どの季節に行っても違った楽しみ方ができる素敵な場所だからです。夏はプール、せせらぎという小川があり、特にせせらぎは小さな子供に大人気です。冬はアイススケートが出来ます。春には梅や桜が楽しめますし、秋は紅葉がとても綺麗です。中には牧場があり、牛や馬がいます。ポニーには乗れます。小動物と触れ合うことも出来ます。うさぎやモルモットを抱っこしたり餌をあげれるので、子供はこのエリアが大好きです!牧場のソフトクリームも大人気です。他にはボートに乗ったり、サイクリングも出来ます。サイクリングは自然の中のコースを走れてとてもリフレッシュします。小さな子供も楽しめる遊園地のような乗り物もあったり、大きな遊具広場もたくさんあります。野外炊事場、バーベキューも出来ます。とにかく広いので、行きたい場所を考えてコースを決めないと、全てを1日で回るのは難しいと思います。勾配のきつい坂もありますし、小さい子供やたくさん歩くのが苦手な方だと移動は少し辛く感じるかも知れません。園内を走るバスもありますが、乗り放題ではないので乗るたびに料金がかかります。連休など混んでいる時はかなり並んでいて乗れない事もあります。お食事についてですが、大きなレストランは入り口付近に1つ、牧場にも小さなお食事所があるだけで、あとは簡易的な売店のみです。なのでこちらも園内奥深くまで行って、いざレストランに行こうとなると大変な移動距離になるので注意です。なのでお弁当など持参する方が多いように思います。トイレも園内たくさんありますし、授乳室もありますので乳幼児連れでも安心です。場所は、車か、電車であれば東急田園都市線、JR横浜線からこどもの国線に乗って行けます。駐車場はかなり広いですが、とにかく土日祝日、連休は大変込み合いますので、電車の方が良いかと思います。園内は広くてさほど混雑を感じませんが、乗り物やレストラン、プールの時期は特に混んで並びます。平日は空いていますがたまに遠足などで学生がたくさんいる場合があります。料金は入園料大人600円、3歳までは無料です。平日であれば65歳以上の方は半額の350円なのでおじいちゃんおばあちゃんとも遊びに行きやすいですね。乗り物やふれあい動物の所は別途料金がかかりますが、料金はとても良心的だと思います。年間パスポートやお得な回数券などもあります。関東の都会の中で、大きな自然の中にどっぷり入ってリフレッシュ出来るとても大好きな場所です!

イビサクリームランキング

映画「仔犬ダンの物語」感想

感想は、仔犬のダンがとても可愛いかったです。アイドル映画で、とてもまじめな感じでした。モーニング娘の皆さんの演技がとても良かったです。なかなかでした。子供たちの演技も良かったです。自然体な感じでした。主人公の森下真生役の桃子の演技は、なかなかでした。無邪気さの中にも、切なさや、悲しさをうまく表現していました。その役になりきって演技をしていました。とても良かったです。森下真生(桃子)がダンを抱きしめるシーンがとても可愛いかったです。とても胸があつくなりました。ストーリー的には、単純でしたが、家族で楽しめる良い映画だと思います。ジーンとくる映画でした。子供向け映画だと思いましたが、話しの内容がちゃんとまとまっていると思いました。感動を与えるシーンと、泣くシーンがたくさんありました。少しリアルな感じでひどいと思うシーンもありました。少し嫌味なところや、管理人、学校の友達などがリアルな展開だと思いました。そういうところが残念なところだと思いました。モーニング娘の人たちがいつもの雰囲気と違っていて、少し大人な役の感じでした。とても良かったです。仔犬のダンがとても一生懸命で頑張っていると思いました。仔犬のダンの映画を見て、とても懐かしいと思いました。けっこうリアリティーな場面も多数あり、心にとてもジーンとくるところなど感動がたくさんある内容でした。けっこう女の子がたくさん登場する映画でした。仔犬のダンが最初捨てられていて、目が不自由な状態でとても悲惨なことだと思いました。とても残念なことです。仔犬のダンがとてもかわいそうになりました。もし、見つかってしまったら保健所にダンが連れて行かれてしまいます。ダンの飼い主を探すのでけっこう大変な思いをしていました。みんなはダンの飼い主を探すので一生懸命でした。けっこう時間はかかりましたが、最後は、子供たちのダンに対する思いから大人たちを説得することができました。そして、団地でダンを飼うことができました。とてもほっとしました。やっと実現することができました。仔犬のダンの影響は素晴らしいと思いました。読書感想文にしたいくらいでした。ダンが助けられて良かったです。本当に子供たちがダンを救いたい、保護したいという思いが一生懸命でした。すごく伝わりました。最後まで粘り強くて、あきらめない根性がとても素晴らしいと思いました。本当にあきらめない強い根性が必要だと思いました。とても勉強になりました。

ごくせんTHEMOVIE感想みどころ、評判は面白い?

感想は、ヤンクミ(山口久美子)高校教師が、3年D組の荒れている生徒達に対して、熱血漢がある教師で、とてもカッコいいと思います。生徒達と溝がある段階にも関わらず、ヤンクミ教師は、その生徒達とちゃんと向きあっていて、すごく素晴らしいと思いました。ちゃんと心と心で付き合おうとしています。明るい教師で、元気をもらいます。生徒達が不良などに囲まれていて、暴力など受けてピンチな時に、ヤンクミ教師が現れて生徒達のピンチを救うシーンがいつも見ていてカッコいいと思いました。生徒達に絡んでくる不良達を次々と戦ってやっつけるところなど本当にすごいと思いました。本当に熱心になって自分の受け持った生徒達を自分の実の子供のように助けるところがすごくて、カッコいいです。「こういう熱心な教師がいたらな。」とすごく憧れました。最初不良だった生徒達ともヤンクミ教師は、最初の頃は、生徒達とぶつかり合いながらもだんだんと時間が経つにつれ、その生徒達とも友達みたいに仲良くなっていたりします。とても良いフレンドリーな教師だと思いました。ごくせんを見ていて、本当にスカッとして気持ちが良いとても面白いと思います。教師と生徒達との距離がとても近くて、ほのぼのしていると思います。生徒達がヤンクミ教師と関わることにより、最初の頃、不良だった生徒達がだんだんとまじめになり、とても大人にみんなが変わっていくのがとても良いと思います。ヤンクミ教師は、不良だった生徒達の人生を良い方向に導いてくれるとても良い教師だと思いました。ごくせんを見ていて、現代の社会にも良い影響になり、勉強にもなるところがたくさんあります。ごくせんを通して、教師としての熱血漢や、責任感を教えているような気がします。伝わります。生徒達との接し方についても勉強になる感じがします。ごくせんを通して、責任感や、熱血漢、友情や、絆についてたくさん教えられました。生徒達とちゃんとコミュニケーションがとれていると思います。教師と、生徒達との心と心が通じ合うことが本当に肝心なところだと思いました。いつもヤンクミ教師は、明るくて、とてもファイトがある教師で良いと思います。パワーをもらいます。生徒役で出演していたタレントの人たちがカッコいい人ばかりでした。演技がとてもうまくて、なりきっていました。本当に不良生徒になりきって演技していました。仲間さんは、ヤンクミ教師役になりきっていました。とても演技が良かったです。

競馬の楽しみ方や魅力

今回は私が大好きな競馬についてまとめていきます。私が競馬にはまったきっかけは父親の影響で競馬にはまりました。最初に競馬を観た時は、正直、何が面白いのかよく分かりませんでした。当時小学生だった、僕は野球をやっていたということもあり、応援する馬は野球の馬名「エース」「ホームラン」等が馬名に入っている馬を応援していました。それから、数回競馬場に行きました。完全にハマることとなったきっかけはディープインパクトの阪神大賞典を観に行った時に、観客の多さ、ディープインパクトの走りに皆が注目する、その点で凄い盛り上がりだなと思いもっとレースを観たいと思うようになり競馬にハマりました。これが私自身感じた競馬の魅力、まさに競馬場が大歓声に包まれる。その点が本当に私自身に興奮と感動を与えてくれています。私の前振りが長くなりましたが、ここで競馬の魅力や楽しみ方について、より深く書いていきます。競馬には3種類あり、①中央競馬 ②地方競馬 ③ばんえい競馬の三種類があります。①の中央競馬は基本土日のみの開催で朝10時~16時までレースが12レース行われます。②の地方競馬は365日、いづれかの競馬場でレースが行われています。開催時間は昼や夜等様々な時間開催しています。③のばんえい競馬は馬がソリを引いて競走する競馬です。競馬のイメージと言えば、おじさんしかいない、ギャンブルというイメージで観られがちですが、今は違います。競馬場内では様々なイベント等が開催されたり、芸能人がたくさん来場するのでそれを目当てに初めて競馬場に訪れる人もいます。そして今現在では競馬場内も綺麗になり、今やデートスポットと、として有名な競馬場もあります。競馬を知らない人にも是非競馬場に足を運んで貰いたいです。そして自分自身のお気に入りの馬や騎手を見付けて応援して欲しいです。最初に競馬を好きというと、イメージが悪く引く女性の人もいますが、今や女性の入場者も増えているので、話を聞いて引くのではなく、実際に自分の目で確かめて欲しいです。歓声や興奮を存分に味わいたいなら大レースがある日曜日がオススメです。人が多いのが苦手、ゆっくり楽しみたいなら地方競馬や土曜日のレースに足を運んで欲しいです。競馬の魅力は人それぞれだと思うので、デートがてらやどこか旅行の際の遊びスポットとして立ち寄って頂きたいです。今後益々競馬が世間に広まっていくことを期待しています。