映画「仔犬ダンの物語」感想

感想は、仔犬のダンがとても可愛いかったです。アイドル映画で、とてもまじめな感じでした。モーニング娘の皆さんの演技がとても良かったです。なかなかでした。子供たちの演技も良かったです。自然体な感じでした。主人公の森下真生役の桃子の演技は、なかなかでした。無邪気さの中にも、切なさや、悲しさをうまく表現していました。その役になりきって演技をしていました。とても良かったです。森下真生(桃子)がダンを抱きしめるシーンがとても可愛いかったです。とても胸があつくなりました。ストーリー的には、単純でしたが、家族で楽しめる良い映画だと思います。ジーンとくる映画でした。子供向け映画だと思いましたが、話しの内容がちゃんとまとまっていると思いました。感動を与えるシーンと、泣くシーンがたくさんありました。少しリアルな感じでひどいと思うシーンもありました。少し嫌味なところや、管理人、学校の友達などがリアルな展開だと思いました。そういうところが残念なところだと思いました。モーニング娘の人たちがいつもの雰囲気と違っていて、少し大人な役の感じでした。とても良かったです。仔犬のダンがとても一生懸命で頑張っていると思いました。仔犬のダンの映画を見て、とても懐かしいと思いました。けっこうリアリティーな場面も多数あり、心にとてもジーンとくるところなど感動がたくさんある内容でした。けっこう女の子がたくさん登場する映画でした。仔犬のダンが最初捨てられていて、目が不自由な状態でとても悲惨なことだと思いました。とても残念なことです。仔犬のダンがとてもかわいそうになりました。もし、見つかってしまったら保健所にダンが連れて行かれてしまいます。ダンの飼い主を探すのでけっこう大変な思いをしていました。みんなはダンの飼い主を探すので一生懸命でした。けっこう時間はかかりましたが、最後は、子供たちのダンに対する思いから大人たちを説得することができました。そして、団地でダンを飼うことができました。とてもほっとしました。やっと実現することができました。仔犬のダンの影響は素晴らしいと思いました。読書感想文にしたいくらいでした。ダンが助けられて良かったです。本当に子供たちがダンを救いたい、保護したいという思いが一生懸命でした。すごく伝わりました。最後まで粘り強くて、あきらめない根性がとても素晴らしいと思いました。本当にあきらめない強い根性が必要だと思いました。とても勉強になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です